シュシュトリが好調なワケ・・・

サッカーワールドカップ日本代表おめでとうございます

玉木宏さん、ISSAさんご結婚おめでとうございます

シュシュトリ意外と好評おめでとうございます(笑)

トリートメントなんて一時的なもの・・・・・・
やってもあんまり意味が無い・・・・・・・
重くなってしまう、べたべたするから嫌・・・・・・・


サロントリートメントっていろんな意見がありますよね、


その気持ち非常にわかる!!!!!(笑)


僕も昔はトリートメントってなんやねんくらい毛嫌いしてました(笑)

でも時代は変化し、色々勉強していく中で分かったことがあって。
トリートメントも理にかなっているものなら悪くないなと。

根拠なんですよね、結局。

ちゃんと髪の仕組みやトリートメントの成分が分かっていれば
変なトリートメントにはならないんじゃないかと。


僕がトリートメントでシンプルに思う事は


外身だけ綺麗にしてもダメ


中を重点的に補強するだけでも物足りない


毛髪内部と外部のバランスだと思うんです。



うちで今までしていたハナヘナは確かに内部強化に優れているし
キューティクルの収斂によって表面もそれなりに綺麗になる。

ただ・・・・・・・・



髪質の硬い方や癖毛の方は実感が少しわきにくい。
軟毛の方や細毛の人もハリコシが出ていいんだけど
手触りに慣れるまで個人差もある


ハマる人にはめっちゃハマるんだけどそうじゃない人がいるのも事実
天然100%成分なのでナチュラル系としてメリットはありますが
微妙な仕上がりのムラもなきにしもあらず。


そこで前から色々考えてました。

内部、外部強化しながらもしなやかさや柔らかさもあって

べたつかず軟毛や細毛の人もできる


バランス型トリートメント



シュシュトリはぶっちゃけ軽くも出来ますし重くも出来ます。

スチームアイロン工程を変えたり薬剤の組み合わせを変えたり塗布量を変えたりして
かなりの髪質に対応できるようにしてます

色々考えてしてるつもりです。

ちょっと施術例を

IMG_3310.jpg

髪のダメージはそんなにないです、いつもハナヘナをしてくれている
常連さんです。

ただちょっと髪のもつれとかが出るのは気にされてました
ハナヘナはハリコシが出る分ちょっときしみやもつれが出やすいのも事実

IMG_3311.jpg

お癖もあります、大きくうねる感じです。
最近は梅雨で表面にほわほわした毛が出やすい感じ。

IMG_3312.jpg

毛が寝やすいのでガッツリやりすぎると重くなっちゃいますので

そのへんはバランスを考えましょう。

工程としては


カラーリタッチ後にシュシュトリ1塗布、疎水化で毛髪強度を上げていきます。

その後シュシュトリ2を塗布、疎水化を促しながらコンプレックスで固定化

ダメージにもよりますが

今回はシュシュトリ4を中間から薄めに塗布、内部に油分も与えつつ疎水成分も入れます。

その後スチームアイロンで疎水成分に熱を与え固定化。

流してシュシュトリ3塗布、表面の疎水化、コンプレックス、キューティクル強化。

流してシュシュトリ4を塗布、スチームアイロンを毛先のみ。表面強化と質感アップ。

流して仕上げに疎水オイルをつけてドライ、最後にアイロンで熱定着。


何が何だか分からなくなってきますね(笑)



IMG_3313.jpg

IMG_3314.jpg

IMG_3315.jpg

二枚目に変な人映ってましたが気にしないでください(笑)

見ててなんとなくわかると思いますが

変にギラギラせず

べたべたに見えず

ペタンともせず


結構自然じゃないですかね?
ただ手触りは柔らかいです、お客さんも言ってました。


あと矯正してる人はお勧めだと思います。

髪が多い、硬い、癖あって矯正しててダメージしてる方とかいいんじゃないかなって。


シュシュトリ興味ある人はしてみてよければ続けてもらって
ハナヘナの方が良い人はハナヘナでいいと思うんです。

シュシュトリはハナヘナで限界のあった既存のお客さんや
これから来るお客さんにより喜んでもらうための引き出しです。

お知らせはしてますが押し売りはしません(笑)


髪にダメージを気にしていたり

髪を諦めていたり

お悩みのある方

ご興味がある方は是非お電話、ご相談くださいね(●^o^●)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

住所     犬山市字北大橋178-1

電話   0568-67-3003   

営業時間   9:00~18:00

定休日    毎週月曜、第1火曜日・第3日曜日

ヘアーサロン アットシュシュ




トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する